大阪の八尾市で設計監理をさせて頂いている現場のコンクリートの打設工事に立会いました。

普段は配筋の検査が終わると次に見に行く時点では既にコンクリートの打設も終わっている事が多いのですが、こうして作業を見ると現場作業の重要さや大変さを改めて感じられます。

 

奥の方から生コン車から直接流し込まれます。(普段は生コン車からポンプ車を経由して流す事が多いのですが、比較的狭い範囲だったので生コン車から直接打設になりました)

 

少しわかりにくいですが、コンクリート内部に空洞や気泡が出来ないようにバイブレーターと呼ばれる機械で振動させています。

 

 

今回は防蟻シートも兼ねた防湿シートを使用。

ドロドロ・・・

 

最終の生コン車。だいたいこの生コン車に3〜4㎥のコンクリートが入ります。

結局合計3車でコンクリートも余ること無く無事に終わりました。

 

トミカ好きのうちの息子が喜びそうなキレイな生コン車でした!

現場の職方さん暑い中お疲れ様でした。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.