ガウディ展に行ってきました!
以前記事にしたガウディ展ですが、なんとか滑り込みで行ってきました。
(神戸は5/24まで)

仕事がら展示されてるあるものばかり気になって見ていたんですが、それはズバリ図面です。

ご存じの通りガウディさんは、曲線を多用した設計がほとんどなんですが、それがどんな図面を書いていたのか前から気になっておりました。

期待通り、展示は図面が多数あったので、よく見てみると何かが足りませんでした!
それは、寸法線(笑)

実施用の図面では無かったのかもしれませんが、ほとんどの図面に寸法が書いてありませんでした。
(図面の片隅に縮尺メモリはありましたがそれだけ)

確かにあの曲線に寸法線を入れるとエラい事になるとは思いますが、実際寸法線の無い図面を見ながらどうやって工事したんでしょうね。

そして、その曲線はどうやって書いたんでしょうか(笑)
さすがにシンメトリーも多いので、フリーハンドではないと思いますが…。

見れば見るほど謎が深まるばかりでしたが、帰りに一つの結論に達しました。
展示には各パーツの模型も多かったので、現場ではおそらく模型を見ながら工事したのではないかと。

確かガウディの相棒に模型作りマスターが居たはずです。

それにしても、曲線や曲面の多い現場がどれほど大変だったかな偲ばれる展示でありました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.